鍼灸治療

鍼灸師を目指せる専門学校のカリキュラム

自律神経の乱れに由来する身体の不調や慢性的な痛みなど、西洋医学が苦手とする症状の改善効果が話題となったことで鍼灸治療への注目度が高まっています。将来の就職や独立開業にも有利となってくる鍼灸師を目指すなら、3年間で集中的に専門スキルを身につけられる専門学校がおすすめです。リハビリテーションも含めた各分野で活躍している鍼灸師の多くは、全国各地にある鍼灸専門学校を卒業して国家資格を取得した人たちです。
鍼灸専門学校のカリキュラムはそれぞれの専門学校によって異なりますが、基本的な流れはある程度共通しているものです。1年次には鍼灸治療に欠かせない東洋医学の基礎を学習するのが一般的で、解剖学や生理学だけでなく「はり」と「きゅう」の実技も学んでいきます。2年次になるとさらに専門的なはり理論やきゅう理論について学習するほか、診断に関する授業も含まれてきます。応用実技や臨床実習が中心となる3年次では、国家試験対策に重点を置く専門学校も少なくありません。
鍼灸師を目指す上で必要になってくる体系的な知識とスキルを効率よく身につけられる点が、鍼灸専門学校で学ぶ最大のメリットです。専門学校で学んだ人ははり師・きゅう師の国家試験合格率も高く、卒業後に早い段階から鍼灸師として活躍できるようになります。

INFORMATION