鍼灸治療

鍼灸師を目指すなら専門学校で学ぼう

鍼灸師とは、鍼やお灸などを使って体の不調を軽快させるプロです。
鍼灸師になるためには、大学・短期大学・鍼灸専門学校などの学校に入学することから始まります。
そこで、座学・実習などを行い。所定の単位をおさめ、卒業見込み(または卒業)と認められると国家試験を受験する資格が与えられます。
この国家試験に合格して始めて鍼灸師としての第一歩を踏み出せるわけです。

鍼灸師になるための学校でおすすめはやはり専門学校です。
大学は専門とは関係のない学問も教養科目として学ばなくてはなりませんが、専門学校は教養科目がないか、限りなく少ないのが特徴です。
つまり、入学してすぐの時期から専門的な学問を学ぶことができ、かつそれらのかける自学の時間も増えるので、知識が身につきやすいというメリットがあります。
また、特に国立大学の場合、大まかな学習ガイドラインが定められており、その内容は広い知識を学べる反面、一つ一つが浅くなりがちです。
専門学校の場合は独自に教育カリキュラムを設定できるので、国家試験突破に特化していたり、免許取得後、現場で即戦力になるような実習を多く盛り込むことができます。

たくさんの患者さんを痛みから解放してあげられるような技術を身につけられるよう、精一杯勉強し、立派な鍼灸師が増えることを願っています。

INFORMATION